サーモバリア(スカイ工法)

太陽からの輻射熱を97%カット
サーモバリアスカイ工法

サーモバリアとは?

サーモバリアは、断熱材だけでは防げない輻射熱を99%カットする遮熱材です。
住宅や工場などの屋根や壁に使用することで、夏の太陽の輻射熱による建物の温度上昇を抑え、体感温度を下げることができます。
これによりクーラーの使用も抑えられることも期待できます。
タカゼンでは10年の保証付きだけでなく、毎年1回の保守点検をさせていただきます。

スカイ工法は輻射熱の反射に優れたアルミ箔を使用したスカイシートを取り付ける工法なので、作業者の技量の優劣、作業時の天候に関係なく均一な遮熱効果を発揮します。
また、折板屋根特有の雨漏れを防ぐ効果もあるため、一度の施工で熱対策と雨漏り対策が同時に行える画期的な工法です。

スカイ工法で用いるスカイシート(遮熱シート)は、反射率97%のアルミ箔により太陽からの輻射熱による折板屋根の温度上昇を大幅に抑えます。
実験結果による最大温度差、約11℃を計測。

また、夏の暑さを解消するだけで、冷房費節約、在庫商品の劣化防止、作業環境の改善にもご利用いただけます。

工場はなぜ暑くなる?

なぜ工場・店舗が暑くなるのかご存知でしょうか。 原因は、太陽の輻射熱が折板屋根にあたり屋根の温度が70~80℃まで上昇、その熱せられた折板屋根から、輻射熱が人体に向けて飛んできます。

輻射熱とは?

輻射熱とは遠赤外線などの電磁波のことを言います。ドラム缶で焚火をすると風が吹いているのに体が温まります。このように輻射熱は空気に関係なく温度の高い方(ドラム缶)から温度の低い方(人体)に移動し熱を伝えます。

冬は放射冷却による温度低下を
抑えます!

スカイシートのアルミ箔は、熱の放射を大きく抑える働きがあるため、冬の日中の暖気を夜間の放射冷却から守る保温効果があります。

氷点下12℃になる工場の屋根。折板屋根には霜が降りていますが、スカイ工法の屋根には霜が降りていないことが確認できました。
つまりスカイシートが工場内の暖気の放熱を抑え保温していたことからこのような結果になりました。

台風の強風にも耐えるスカイ工法

スカイシートが台風の強風で飛ばされないか(財)日本建築総合試験所にて試験を行いました。高さ16メートルの屋根に風速40メートルの強風が吹いてもスカイシートが飛ばされないことが試験で分かりました。

築半年の新工場にスカイ工法を施工

既存の工場は遮熱塗料が施されており、効果もまあまあということで、当初は新工場にも遮熱塗料を施工をする予定でした。
あるきっかけでサーモバリアをご覧になり「遮熱塗料よりも良いでのは」とお考えになられたこと、早速見積もりをしてほしいとのご連絡をいただきました。

お見積もり書とスカイ工法に使用するシートのカットサンプルをご覧いただいたところ、「こんなしっかりとしたアルミ箔のシートが遮熱塗料と値段が変わらないとは驚きです」とのお言葉をいただき、採用していただくこととなりました。

施工後に工場内に入られた工場長様から「こんなに違うんだ、これは良い」とご感想をいただきました。

既存の工場での遮熱塗料の効果を知っている工場長様にサーモバリアの効果に驚いていただき、スカイ工法の効果の高さを再度実感することができました。

埼玉県 富士高フーズ工業様

アパートが断然涼しくなりました!

1階はテナントの店舗、2階がアパートになっています。夏になると2階は蒸し風呂状態に…4軒のうちの1軒に大家さんが住んでいますが、夏の昼間はエアコンが効かないため、他所で過ごされていました。

他の3軒にお住まいの方は日中勤務のため、夕方帰宅されるのですが、すぐにエアコンを付けても涼しくなるのは夜寝るころ。どうにか寝ることができるとのこと。耐えかねた大家さんが耐熱材を天井裏に入れる工事をしたのですが、効果は全くありませんでした。

そんなとき勧められたのがスカイ工法。
屋根の端から順番にスカイシートを施工し、1軒分貼り終えた日の夕方、そこの住人の方から「屋根で水でも撒いているのか?」と作業員に尋ねてきたそう。次の日も1軒、また1軒とスカイシートを施工するたび、住人の方が急に涼しくなったことに「何をしたんですか?」と驚かれていたそうです。

岐阜県 コーポオガワ様

スカイ工法でエアコン代を大幅カット!

施工後の感想をご担当者様にお伺いしたところ「毎年夏場の日中は、電力デマンドの監視システムのブザーが3,4回鳴り、その度にエアコンのスイッチを切っていましたが、スカイ工法を施工してからは1度もブザーが鳴らなくなりました。インクが溶けてしまわないようにやむなくエアコンを22℃に設定していましたが、今は25℃に上げることができたので、電気代が大幅に削減できでると思います」と笑顔でお話していただけました。

株式会社クレオ様は工場の3分の2だけを施工し、残りは効果を見て施工することで進めました。
8月中旬に折版屋根の温度を測ったところ、未施工部分は68℃、スカイ工法を施工した部分は38℃〜40℃と約30℃の差がありました。
これだけ温度の違いがあれば、室内の温度が下がるのも納得でしょうね。

静岡県 株式会社クレオ様

事業内容一覧

CONTACTまずはお気軽にご相談ください